2008年09月30日

真夏の大感謝祭参戦レポート その4〜愛のシュラバ爆笑僕がスーパーマン〜

↑もう意味不明……(サブタイトル)


もう9月も終わりだというのにまだレポート書き終えてねーのかよ!とか云う苦情が聞こえてきそうなので(笑)、さっさと書いていきたいと思います。

前回の続き

〜2回目のMC〜

いつもならば、ここでメンバー紹介と共に各メンバーがそれぞれ小ネタを披露することがおきまりなんですが、今回は歌の時間を多く割くためか名前を紹介するだけの簡単なものだった。

できれば、またろうさんの寒〜い(!?)ギャグだけでも聞きたかった。


M25:愛の言霊〜〜Spiritual Message〜(30位)
イントロ前には能風の映像が流れた。この曲も「真夏の果実」同様夏ライブでは欠かさず演奏している曲だ。25周年ライブからの流れを汲むギターソロ〜ブラスセクションのアレンジが良かった。そして、後半の火が吹き上がる演出では私の席にも熱が伝わってきた。

M26:シュラバ★ラ★バンバ(97位)
この曲も(夢人島でもやってたし)何となくやってくれるかなと思ってました。ただ、イントロは夢人島のようにブラスを使ったアレンジから原曲に近いアレンジになっていました。
このあたりから照明が派手になってきて、完全に日が落ちているのに昼間のように明るかった。

M27:爆笑アイランド(137位)
爆笑問題からタイトルをとったと言われている曲。ちなみに太田さんは16日に差し入れをしに会場に来ていたみたいです。
曲はというと、照明を巧みに使っていて曲の世界観を痛烈に表現していたと思う。まさか、”さくら”系の曲をやるなんて思ってませんでした。もちろん張り切って拳を突き上げてました。あと、間奏のラップなど一部の歌詞が変更されていて、さらに画面には自分を客観的に見られるという”有能な元内閣総理”の姿も…

M28:ごめんよ僕が馬鹿だった(67位)
イントロとアウトロでのフロントプレーは今回も健在。個人的には「キラーストリート」の中では一番好きな曲で生で聴けて良かったと思う。
そして、間奏あたりで私の前の通路になにやら怪しげな袋が運ばれてきたのだが…

M29:ロックンロール・スーパーマン〜Rock'n roll superman〜(31位)
もう、見た人ならお解かりだと思うが運ばれてきた袋の正体は大量の風船だった。「みんなが好きです」の時は風船が落ちてくる演出で圧巻だったが今回の夜空に向かって白い風船が吸い込まれてく演出はさらに鳥肌モンでした。


次回に続く


2008年09月27日

♪徒歩1分ちょいとの時間で〜

今日、私は所用で新宿へ行ってきました。

んで、せっかく近くまで来たということでサザンがレコーディングをしているビクタースタジオがあり、アルバム「キラーストリート」の名前の由来になったキラー通りまで行ってみようということで行ってきました。

地図で見ると新宿からキラー通りまでそれ程離れてなさそうに見えたのに、いざ歩いてみると結構遠い…
しかも、途中で人通りの少ない路地に入ったり道を間違えて、危うくふり出しに戻りそうに(新宿に戻りそうに)なってしまった。

でも、歩くこと30分弱。ようやくビクタースタジオ前に到着しました。


↓汚いケータイ写メだけど許しとくれ
victor studio.jpg



桑田さんが言ってたように結構人通りの少ない寂しいところなのかと思ってたけど、今日は休日だからか結構人通りが多かったです。


ホープ軒も結構おいしそうだったけど新宿で食べたばっかりだったので食べられませんでした…
posted by カン at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サザンスポット巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

♪あれはマン……

いやぁ〜CDTV見ちゃいましたよ。

相変わらず”いつものサザン”でした。

「ロックンロールスーパーマン」に「YA YA(あの時代を忘れない)」、それから「I AM YOUR SINGER」と演奏してくれて、1ヶ月前が蘇りました。

それで、あと1曲はどうせシンドバッドなんだろなぁ〜と思ってたら祭囃子のSEと共に何と巨大なピーマンが運ばれてきたじゃないですか!

そう!もちろんラストは「マンピーのG★SPOT」!!

まさか、あの場でやるとは夢にも思わなかった。
コレだけでも十分なのに、桑田さんやっちゃた(笑)


♪あれはマン●の…


おいおい、あれはWOWOWだから許されたんじゃないのか〜!?(夢人島)


もう、笑いが止まりませんでしたよ(笑)

休止前だから、ここぞとばかりに暴れちゃいましたね。

流石だぞ桑っちょ〜!



それにしてもaikoさんはコアですねぇ〜。良かった曲で「顔」が出てくるとは!
posted by カン at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サザンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

真夏の大感謝祭参戦レポート その3〜いざ鎌倉〜

今日は9月24日、いつの間にかライブから1ヶ月も経ってしまいました。
……というのにまだレポートすら書き終えてましぇ〜ん(笑)早く書かなくちゃ。
こんばんわ。カンです。

やっとのことで、「メロディ」まで書き終えました。

とはいえ、雑文になってしまった箇所がありますが(特に後半)そこんところは、勘弁してくださいまし。





「サザンオールスターズ カモーーーン」
小林克也さんの一声と共に、松田さんを先頭にメンバーがステージ上に。そして、しばらくすると後を追って桑っちょが半袖、ハーフパンツにアロハシャツといういつも通りの格好で登場。この時点でスタジアムは一気に熱気で満ちてきた。

おっ、桑っちょがアコギを持ってる。何で始まるんだろう…

カチ カチ カチ カチ ワン ツー スリー フォー

M1:YOU(38位)
結構意外な選曲でした。もうちょっと激しい曲でくるかなと思ってました。でも、この曲いいですよね。改めてハマってしまいました。

M2:ミスブランニューデイ(20位)
おっ、こうきたかーって感じの曲です。最近のライブではかなりの頻度で演奏されていたので今回は無いだろうと思ってましたが、しっかりとやってくれました。それから、間奏はコーラスのパートを生かした新バージョンになってました。

M3:LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜(4位)
これはもう横浜ソングの定番中の定番です。アンコールに演ることが多い曲ですが、だいぶ早い段階にもって来ました。

「みなさ〜〜ん!! サザンでぇ〜〜す!!」
で始まった1回目のMC

そして、いつもの煽り
「アリーーナ!!」  「イェーーッ!!」

「スタンドーーッ!!」  「ウォーーッ!!」

「ファミリーシートーーッ!!」  「イェーーッ!!」(←ちょっと小さめ)

今回も去年に引き続き前立腺ネタだのエロいのが出てくるだの言ってて相変わらず桑田節全開だ。

「今日は長いですから皆さん座ってくださーい。」
でも、誰も座らない。このサザンファンのノリの良さが好きです。

そして「青山通りから鎌倉まで」メドレーだ。

M4:女呼んでブギ(15位)
早速エロいものが出てきました!夏のライブでやるのは久しぶりじゃないでしょうか。
いやぁ〜、早速盛り上がっちゃいました。

M5:いとしのフィート(195位)
これは、まさかまさかの選曲でした。年越しでもあまり演んないっていうのに夏ライブでやってくれるなんて!!しかも195位。桑田さんとまこっちゃんのスライドギターもかっこよかったです。
でも、「♪どうにもならない〜」はカットしないで欲しかった。

M6:お願いD.J.(80位)
この曲、夏ライブにピッタリですねぇ。聴いてるだけで涼しげな風が流れてくるような感じです。でも、当日は雨だからそれだとかえって寒いかも…

M7:奥歯を食いしばれ(140位)
ドラムソロで何となく分かりました!
前から何となくこの曲は演ってくれるんじゃないかと思ってたのですが本当にやってくれるとは……
こういう夏ライブらしからぬ選曲最高です。今回のライブでは全曲歌詞が表示されてたけれど、この曲の歌詞もしっかり(ちゃっかり?)表示されてました。

M8:ラチエン通りのシスター(58位)
最近ではこの曲も定番入りを果たしましたね。
この曲では、手拍子をやめてじっくりと聴き入ることに。

M9:TO YOU(123位)
この曲のBメロからサビへの流れがいいんです。ラストの歌詞は少しだけ変更されてました。

M10:C調言葉に御用心(56位)
もう、夏ライブには欠かせない曲になってますね。でも、本当は冬の曲らしい…
ライブだとブラスが入っていてBメロからサビへの高揚感がたまらないです。

M11:働けロックバンド(Workin' for T.V.)(71位)
ホントに久しぶりの演奏です。デビュー当時のように音楽をやるのが辛くなってしまったのでしょうか。

M12:松田の子守唄(72位)
正直言って、今まであまり聞いてませんでした。でも、ライブで聴いてはまってしまいました。

M13:Hello My Love(64位)
これも久々の演奏でした。なんと27年ぶりの演奏だそうです。欲を言えばラグタイム風の間奏も聴きたかった。

M14:朝方ムーンライト(76位)
25周年の時もやってましたが、改めて生で聴けてよかったです。バラードなのに手拍子できるノリの良さがいいです。

M15:思い出のスターダスト(109位)
イントロは原曲より少し派手な感じでしょうか。個人的には「♪だって何もかもいいじゃん〜」の繰り返しの前で一瞬E7(そうだよね?)になるところがツボです。

M16:夏をあきらめて(79位)
この曲も「C調言葉…」と並んでメドレーの中では有名な曲です。イントロと共に虹に明りがつく演出が何度観ても鳥肌モン(!?)です。

M17:Oh! クラウディア(9位)
30秒近いインターバルを空けて流れたピアノの音色にしびれた方も多いんじゃないでしょうか。マイクを握り締めながら歌う桑っちょは(あまり上手い表現が見つからなかったけど)とにかくかっこよかったです。
それからBメロ以降のリズムが変わっていたのが印象的でした。

M18:東京シャッフル(94位)
「Oh! クラウディア」の余韻も冷めやらぬ中に流れたこの曲のイントロに思わず飛び跳ねてしまいました。下手すりゃぁボディスペとかマンピー以上に盛り上がってた盛り上がってたかもしれません。サビでトランペットの荒木さんと西村さんがミュート用のフタみたいなのをあてる動作が面白いです。あと、桑田さんの歌い方が石垣島の時のチャコみたいだった。

M19:そんなヒロシに騙されて(125位)
ここまでライブで盛り上がる曲とは思ってませんでした。原さんのボーカルに桑田さんがコーラスをしてる姿が微笑ましかったです(笑)

M20:あっという間の夢のTONIGHT(149位)
まさにライブ当日の夢のような時をあらわしているタイトルです。イントロを聴いた時のうきうきする様な感覚がたまんないです。この曲もあまりライブで演らないので聴けてよかったです。

M21:メリケン情緒は涙のカラー(84位)
この曲も冒頭の映像で何となく分かりました。昨年の「ダーリン」のときの映像にも似てるかも?ライブ独特の派手なブラスアレンジが良いですね。
なぜか、最近ではオリンピックイヤーには必ず演奏してます。

M22:顔(127位)
全くこの曲は聴いたことがありませんでした。でも、イントロの音色が面白いです。ここまでストレートな歌詞はあまり無いですし(笑)

M23:Bye Bye My Love(U are the one)(23位)
イントロ、アウトロ共に「みんなが好きです」と同じアレンジでした。

M24:メロディ(24位)
この曲、正直言って原曲はあまり好きじゃないんですけど、ライブのアレンジは音に厚みがあって好きです。Cメロで一瞬ためるアレンジがたまりません。


やっと、半分ですよ。ホントに今回のライブは曲数が多かった。嬉しいけどレポート書くのが大変ですぜ!!

相変わらず汚い文章ですいません。質より量ということに免じて許してくださいまし(笑)

次回につづく


今、CDTV見てるけど、まだサザン出てこない…

2008年09月14日

まだ、終わらないのね…

gnj0808170433001-p1.jpg


真夏の大感謝祭参戦レポートですが…
直接書くとまとまりの無い文章になるので(つか、下書きしてもまとまりが無いかも…)一応下書きを書いてるのですがなかなか進みません……(苦笑)今のところ「夏をあきらめて」で足止め食らってます。(←いや、自分から書こうとしないだけ)とりあえず”青山通りから鎌倉まで”メドレーまで書いたらブログに載せたいと思ってます。


前置きはさておき、サザンが今月の24日に「CDTVスペシャル! 15周年プレミアライブ」出演することになったそうです。

真夏の大感謝祭が盛大に終わり空虚感というか喪失感(!?)に襲われていた小生にとってはうれしい知らせ……

と言いたいところですが、正直言って

あれ、まだ活動休止じゃないの?

というのが素直な感想です。

確かに年内いっぱいでの活動休止と言うことでしたが、この間のライブで桑田さんが「これでしばらくはお別れだけど…」とか「サザンの屋号をお預けします」とか言ってたのを聞いて、もう今年の活動は無いな。(ソロのAAAはあるかも)と思ってたんですが。

いや、もちろんサザンがテレビに出てくれるのは嬉しいんですが、せっかくあれだけ盛大にライブを成功させたのにその後でテレビに出てそれでしばらくのお別れというのはあまりにも中途半端な気がするんですよね。

もしかして、この調子で年末に横浜アリーナで……
とかだったら嬉しいですね。

今度の代通でそんな情報が載ってたらいいな。と思う今日この頃です。
ラベル:サザン
posted by カン at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サザンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

au by KDDI presents サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE supported by WOWOW 参戦レポート〜いよいよスタジアムの中へ〜

次第にボルテージが上がりつつある東ゲート前でしばらくふらついてから、いよいよ日産スタジアムへと入場した。薄暗い通路を通り抜け、マラソンゲートを通り抜けるとそこは日産スタジアムのピッチだ。シートこそ敷かれているもののピッチの上に立ってスタンドを見上げた時にはサッカー選手はこんな雰囲気の中でプレーしているのだなと妙に感動してしまった。


マラソンゲートより

マラソンゲートより



しかも座席は何とC11ブロックだ。
近い…。
座席に着き、壁のように立ちはだかるステージを見て改めて感動してしまった。(前回のソロライブの時はスタンドの後ろから数えて数列目だったからさらに感動…)始まってもいないのに感動しすぎだ。


今回は開演中以外、写真取り放題だと言うので色々撮ってみた。


我らがC11ブロック

C11ブロックより


バックスタンド

スタンドー!


一番前の人にはこう見える

よく見えない…


一番前から

後ろを見てみた



こうして私が写真を取っている間、私の友人は波の音が(開園までの間、ステージ画面には海辺の映像が流れていた)よほど心地よかったのか眠りに落ちていた。
いくらなんでも寝るこたぁねーだろ(笑)


アリーナ内では水以外の飲食禁止ということで、通路で軽い夕食をとり、席に戻ると、もう座席はだいぶ埋まっていた。


開演20分前にもなると、ステージ画面に「I AM YOUR SINGER」のPVが流れ、その間にもギターのチェックをする音が聴こえてきたりして、場内のテンションもじわじわと上がってきた。


地元横浜のブラスバンドが「I AM YOUR SINGER」と「勝手にシンドバッド」を演奏し終えると、さほど時間をあけずに画面には「DJコービーの伝説」や「ベストヒットUSAS」でおなじみの(ベストヒットUSAは見たことない 笑)小林克也さんが登場!


次回に続く!!
「まだ、始まんねーのかよ」とか言わないでちょ〜だい

2008年09月06日

au by KDDI presents サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE supported by WOWOW 参戦レポート その1〜新横浜に到着〜

↑ビクターの井内さんも言ってたけどやっぱ正式タイトル長い(笑)

それはさておき、忙しいとかぬかして書くの先延ばしにしていたライブレポートでも書きましょか。忙しい忙しいと言ってもテストなんてとっくの昔に終わってたんだけどね。あまりにも長くなりそうで(しかも前半はライブと関係なし)めんどくさくなって書くのをためらってただけさ(殴)


新横浜に到着!

新横浜にキターッ!




8月23日の12時ちょっと前、私は新横浜に着いた。私が横浜に来たのは、去年の「よっ、桑田佳祐」SHOW以来8ヶ月ぶりだ。前回来た時は工事中で騒然としていた新横浜の駅も今回は見違えるくらい綺麗になっていた。グッズ販売開始の1時半にはまだ早いので駅ビルの中を歩き回ることに。8階の三省堂に行くと、なんとレジの前の一番目立つところにサザンコーナーが作られており「AERA」や「WHAT'S IN」などサザン関係の雑誌が平積みされていた。

他にもビックカメラなどをふらついて12時40分ごろ、日産スタジアムへと向かった。西側のグッズ売り場に並び、あまり混雑してなかったので1時40分くらいには買うことができた。

西ゲートの前で写真を撮っていると、中からは聴き慣れたピアノの音色が聴こえてきた。「希望の轍」だった。他にも「TUNAMI」も聞こえてきたと思う。そういや、グッズの列にいた時は「YOU」が聴こえてきた。

そこから、東ゲートへ向かおうとしてスタジアム脇の通路を歩いているとサッカー場らしく(!?)サッカーボールが転がっていた。でも、誰が置いたんだろ。結構汚かったし(笑)

新横浜に戻り、駅前のファーストフード店で昼食をとり、スタジアム通り沿いのコンビにでおにぎりと景気付けにリポビタンDを買って、再びスタジアムへ向かった。


桑っちょ発見!

桑っちょ発見!



ゲートの前にはサザンのジャケットの写真が並んでいて写真撮影をする人達で賑わっていた。

東ゲート前にて

東ゲート



I AM YOUR SINGER



でも01MESSENGERだけは人気が…(以下省略 笑)


お猿さん

怖い…



次回に続く!!