2009年06月02日

音楽寅さん、アンプラグドライブ

前回の記事でも書いたように、昨日の「音楽寅さんは」アンプラグドライブスペシャルでした!

最後のオチには西郷マネ彦&水前寺キン子コンビの如く「それだけかい!」ってツッコミたくなりましたが(笑)

アンプラグドといえば昨年の石垣島ライブも今回のようなアコースティック編成でしたが、ドラムとベースのパートが入ると一味違った感じになりますね。
そういや、石垣島ライブと言えば「せつない胸に風が吹いてた」のイントロのアレンジが一瞬「LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜」に聴こえたのは私だけだろうか…。

さすがに「しゃアない節」は演りませんでしたが、「黄昏のサマーホリデイ」のようなテレビではなかなか聴けないレアな曲も演ってくれたのが嬉しい限りです。


posted by カン at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | サザンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

最近、意気消沈気味の私に久々の朗報!

さっき、グーグルでニュース検索してたらビックリ!
なんと桑田さんが大阪でサプライズライブをやったって言うじゃないですか!

桑田佳祐(53)が30日、大阪市の大阪城ホールで開催されたイベント「FM802 STILL20 SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」にサプライズで出演した。ステージは昨年のサザンオールスターズ活動休止後に行った12月のソロ公演以来。予期せぬ大物の“飛び入り”に約1万2000人が大歓声をあげると、「気持ちよすぎ。また帰ってくるからな!」と応じた。

 全8組の出演者のうち、3組目のケミストリーの出番が終わると、事前告知無しで登場したのがタレントのユースケ・サンタマリア(38)。この時点でどよめいた観客に、さらなるサプライズが待っていた。

 「歌いたいけど、自分の歌は忘れているので、友達を呼びます!ついこないだ復活した…アイツです!」

 ユースケの呼び込みで現れたのは、阪神タイガースの法被を着た虎の着ぐるみ。今度は客席から大爆笑。さらに“かぶりモノ”を脱ぐと、観客は「えっ、桑田だ!!」と驚き、この日一番の歓声に包まれた。

 「生まれ故郷の大阪に帰ってまいりました!」。09年初ステージはジョークとともに始まった。そして「素晴らしい出演者ばかりなのに、お邪魔させていただきまして…大阪のみなさん、ありがとう」と恐縮気味にあいさつした。

 「こないだ復活」という言葉は、ユースケも出演し、4月から8年ぶりに放送中のフジテレビ「桑田佳祐の音楽寅さん」(月曜午後11・0)を指したもの。番組のロケで大阪滞在中に、このイベントが重なり、急きょ出演。着ぐるみも「トラ」をかけ、桑田らしいしゃれっ気たっぷりのステージとなった。

 ライブは、昨年11月30日〜12月2日にパシフィコ横浜で開催した「ひとり紅白歌合戦」以来。同番組のオープニング曲「HONKY JILL〜69(あいなめ)のブルース〜」で口火を切ると舞台を駆け回り、約30分で計4曲の熱唱で、ためていたエネルギーを爆発させた。

 「明日晴れるかな」「波乗りジョニー」などのソロ作品に加え、「大阪に敬意を表して大阪の歌を」と上田正樹(59)のヒット曲「悲しい色やね」も披露。名残を惜しむ観客に「また帰って来るかんなー!」とステージでの再会を誓った。

(5月31日付スポーツニッポンより)

ユースケの合いの手付きで「HONKY JILL」生披露だそうですよ。
桑田さんが唄う「悲しい色やね」も早く聴きたいです。


ちなみに明日の音楽寅さんはアンプラグドスペシャルだそうです。

たぶん無いと思うけど「しゃアない節」をやってくれてたら嬉しいなと思う今日この頃(笑)
posted by カン at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サザンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

一瞬、ディズニーランドに来たんじゃないかと勘違いしそうになったゴールデンウィークの鎌倉

最近、女性有名人の中では「めざましどようび」お天気キャスターの高見侑里さんがどストライクなカンです。お久し振りです!

暫くの間精神的にブログで文章を書くような状態じゃなかったので更新をお休みしてました。
ですが、ようやく落ち着いてきたのでまたシコシコと(←おい)更新していきたいと思います。

あの時ほど「明日晴れるかな」の歌詞が身に滲みることがあっただろうか…。
「♪泣きたい時は泣きなよ」って言うから私も泣いちゃいましたよ(泣)

あと4月の頭くらいの記事がやたらと攻撃的だったと思うのですが、後で見てみるとああいう文章は私のキャラじゃないというかあまり書かない方が良いような気がしたんですよね。(微妙に修正しました…)
なんか自分が意味もなく何かに突っ掛かっている感じがするというか。
せっかくコメントも頂いたわけなのですが。
なので、これからは以前のような“おめでたい感じ”の文体に戻したいと思います。毒は吐くかもしれないけど。(もしかしたらかなり痛い感じで見られてるかもしれませんが…)

〜〜〜鎌倉に行った〜〜〜


三の鳥居通りゃんせ


話は変わって、気分転換を兼ねて5月4日に鎌倉・江ノ島に行ってきました。

ただ行った日はちょうどゴールデンウィークのど真ん中。もちろん鎌倉はかなり激しく混んでると予想してたのですが、ここまで混んでるとは!

行きの電車は端っこのほうの車両に乗ってたのですが、鎌倉駅で電車を降りてからホームの階段にたどり着くのに4〜5分くらい掛かるわ、小町通りは芋洗い状態だわ、極めつけは江ノ電に乗るのに入場制限が掛かってて30分待ちだわでもうくったくた(-.-;)
ゴールデンウィークと知って来たから仕方は無いんですけどね(笑)
ただ、江ノ電に入場制限が掛かるとはビックリでした。鎌倉に来てるのにディズニーランドでアトラクション待ちしてるような気分になってしまいましたよ(爆)ええホントに。
ファストパスとか無いのかよ!(←ねぇよ 殴)

で、鎌倉では前回行かなかった小町通や鶴岡八幡宮方面に行ってきました。

大銀杏


以前、修学旅行できたときは工事中で本宮まで上がれなかったので行けて良かったです。

あと江ノ島にも行って、これまた前回行かなかった岩屋の方にも行こうと思ったのですがあまりにも混んでたので断念。あまりの混雑で途中から進めなくなっていました(泣)

ただ、暖かかったからか猫ちんがいっぱいひなたぼっこしてるのが見れて良かったです。
すんごい可愛かったです(←猫好き)

猫にゃん



相変わらず取り留めの無い文章になってしまいました(^^ヾ

今度は夏に友達を誘って賑やかに行きたいと思います(←勉強しろや)
posted by カン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

音楽寅さん、テーマ曲初披露!

いやぁ、相変わらずやってくれますね。

おとといの「音楽寅さん」第2回の放送で番組の新テーマ曲が発表されたのですがタイトルが凄い!

新曲のタイトルは「HONKY JILL〜69(あいなめ)のブルース〜」って言うんですけど。

“HONKY JILL”ってちょっと…(笑)
いやいや、ちゃんとした英語ですよ。変な意味はありません(爆)

タイトルからして下ネタの匂いがプンプン漂ってくるのですが、歌詞の方はと言うと、もちろん下ネタ満載でした!

♪あなたのJuice 私のFluits 互いに愛でましょ 69(あいなめ)のBlues〜

♪憧れの名器 もろ真裸しゃぶれよ〜

って凄い露骨ですね。「夜遊び」だとこういう歌を歌ったりしますけども。テレビでもやるとは(笑)
ただ歌詞に目が行きがちですけれど、曲自体もサザンの初期にあったような感じでカッコよかったです。

前半では浅草に行って鯨料理の店に行ったりストリップに行ったりしてたんですけど、ストリップ(貸し切り)ではカメラで撮影しようとしたり双眼鏡で覗き込んだりやりたい放題してるようで…。最高です!
アルタの生放送では「ま●この〜」を連発してるし今回もやってくれますね〜。

来週は「空耳アビーロード」ということで今度も桑田さんの本領発揮ということでしょうか。
posted by カン at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サザンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

♪駄目になりそうな今宵…Miss you

ダーリン桑田


昨日、何気なく桑田さんソロの「ダーリン」を聴いたのですが、ホントにこの曲は名曲ですね。私のつたない文章でこの曲を表現するのに気が引けてしまうくらいです(笑)

曲調はというと70年代の歌謡曲風で曲中ではブラスやストリングスが派手に使われているのですが、特に「♪別れの朝が来た〜」の箇所のストリングのアレンジはいつ聴いても切な過ぎます!

またイントロ、間奏のホーンセクションを聴くと瞼の裏に夜の横浜みなとみらい辺りの灯りでキラキラした光景が浮かび上がってきます。

この曲のリリースは2007年12月5日でソロツアー「よっ、桑田佳祐SHOW」の真っ只中だったのですが、その頃の私はというと、ある事でかなり悩み落ち込んでいたのです。確かその頃はしばらくの間鬱にも近い状態が続き食事があまり喉を通らなかった事さえもあったくらいだったのですが、今でもこの曲を聴くとその頃の事や初めて横浜で桑田さんのライブに参加した事、そしてその前に中華街を周った事など多くの出来事がありありと思い出されます。

今でも冬になりピリピリとした風が吹くと、イントロのギターソロが頭の中に何度となく流れてきます。(今はもう春だけど 笑)




CDだと分かりにくいのですがサビの部分の「パッパッパー」って感じのハネたホーンアレンジもまた良いんですよね。

あと歌詞が発表される前にもCMでこの曲が流れてたのですが「♪本牧埠頭で泣いて Walking」の部分が解読(?)できた時、妙に嬉しかったのを今でも覚えてます。
posted by カン at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲いぢり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする